KOTET'S
PERSONAL
BLOG

#java Arch Linuxでjavacをインストールする

#java #linux #tech

少し詰まったのでメモ。 講義でJavaを書くので、自分のラップトップにも開発環境を構築しようと思った。 しかしArch Linuxにおいては、 ただパッケージをインストールするだけではjavacjavap等のツールが使用できない。

archlinux-java

ArchWikiを見てみると記事がある。

Java - ArchWiki

この記事中にあるパッケージでJDKのインストールができるのだが、 インストールしただけではPATHが通っていないようで使えない。 Arch LinuxのJavaにはarchlinux-javaという専用の管理用コマンドが存在しており、 インストールしたあとにそれで有効化するという仕組みになっているようだ。

archlinux-javajava-runtime-commonパッケージの中にある。 通常のパッケージマネージャーでインストールされたパッケージは、 archlinux-javaをサポートしていればarchlinux-java statusで一覧できるようになる。

$ yaourt -S jdk10-openjdk
$ archlinux-java status
Available Java environments:
  java-10-openjdk
  java-8-openjdk/jre (default)

名前を確認したら、archlinux-java set <環境名>で環境が利用可能になる。 リンクの作成などをするため管理者権限が必要なので注意。

$ sudo archlinux-java set java-10-openjdk
$ which javac
/usr/bin/javac
$ file /usr/bin/javac
/usr/bin/javac: symbolic link to /usr/lib/jvm/default/bin/javac